スマートフォンで撮影した写真を活用した勤怠・作業実績管理

SFA・CRM(営業支援・管理システム)の一環として、営業活動実績を登録・管理できるようになっています。
この機能について、入力項目を適切にカスタマイズ設定することにより、
作業者が
・現場に着いた
・作業を終えた
の情報を写真を含めて登録し、作業実績・勤怠の管理をすることができます。
スマートフォンで写真を撮影すると、通常は撮影時刻、撮影場所の位置情報が画像データに記録されるため、この情報を利用します。

例えば、マンションAで作業を行う際
・担当がマンションAに到着したときの写真
・作業を終えて移動する際の作業後の写真
を撮影し、システムに登録します。

これにより、当然各現場にはタイムレコーダはありませんが、
・現場に着いた時刻
・現場を出た時刻
の管理が可能となります。

スマートフォンで撮影し、そのままシステムに登録すると、画面にこのように表示される

画像を登録すると、その画像の撮影時刻と撮影場所が表示されますが、「撮影場所」をクリックすると、その場所がGoogle Map で表示されます。

撮影場所をGoogle Mapで表示

もちろん画像だけでなく、作業内容、次回予定なども合わせて管理ができます。
写真を使わず、単純に「登録処理を行ったときの端末の位置情報」を使うこともできますが、こちらについては今後、別の記事で紹介します。
これらの時刻情報をもとにした勤怠集計・給与計算に活かすことも可能です。
ぜひ勤怠管理・作業実績管理にご活用ください。