原価の可視化コンサルティング、システム構築のご案内


原価計算


いま目の前にある製品は
・原価はいくらかかっているのか?
・原価の内訳はどうなっているのか?
・どこの工程で原価が大きくかかっているのか?
・あるべき姿と比べてどうなのか?
・最近の推移はどうなっているのか?
これらの数値をつかむ仕組みがなければ、原価低減活動、 原価企画、見積の適正化などの推進が困難となり、 収益の向上は数量増による売上アップと闇雲なコストダウン頼りとなってしまいます。


ハートビートシステムズは
自社にとっての原価計算のあり方を設計し、それに基づいた原価管理の仕組み(システム)を構築
することで

収益向上に向けた原価についての各種取り組みを推進できる基盤づくり

を支援します。

  • ・基本的に、実際原価計算をベースにした個別原価計算です。ただし、標準原価を適用すべき要素は標準原価を適用します。
    つまり、できるだけ実態の原価を計算しますが、原価の元データの取得や作成が困難な要素は標準原価を適用し、原価の正確性と原価計算業務の工数のバランスが最適となる原価計算ルールを考案します。
  • ・製造原価の算出だけでなく、既存製品に類似した新規品の見積りにも活かせるよう、本来は販管費の科目を原価に含めることも可能です。
  • ・したがって「原価計算用の原価」、「見積用の原価」など、対象科目の異なる2種類の原価を計算することが可能です。
  • ・製造間接費の配賦基準は、科目毎に「機械稼働時間割り」「人数割り」などと設定可能です。
  • ・「Aさんの人件費は、部門1と部門2にて、6:4で負担」のような計算も可能です。
  • ※外部システム(他の生産管理システム、会計システム、給与計算システム、減価償却システム)から原価の元データを取得して原価計算を行うことも可能です。

また、それらのデータの元ともなる、製造の各種予実績の管理を含めた、生産管理システムとして構築することも可能です。
原価計算システム構築とコンサルティングのモデルケースの流れ


1か月目~ 原価計算のあり方を検討


(0)原価についての研修会
   原価計算演習も含め、原価についてプロジェクトメンバーに学んでいただく
(1)計算単位はどうするか?
   製品別?ロット(カンバン)別?工程別?
(2)内訳はどうするか?
   (例1)材料費は主材料と副資材を分けるのか?
   (例2)労務費は直接と間接を分けるのか?(分けるべきだが)
   (例3)販管費も考慮すべきか?
(3)製造直接費はどう計算するか?
   (例1)材料費は標準単価を使うか?仕入実績単価とするか?
   (例2)労務費(賃率)は全社平均を使うか、部門平均を使うか、個人別とするか?また、業務のやり方を変えるべき点はないか?
(4)各種実績と費用の元データはどうするか?
   実績:作業実績、材料消費、仕入、外注、完成
   費用:材料費、労務費、減価償却費、その他費用
   (場合によっては(1)~(3)を見直し)
   →2~4か月目の(5)へ
(6)製造間接費の配賦基準はどうするか?
   科目毎に何で按分するか?
   (例)リース料:機械稼働時間、通信費:人数 etc
(8)原価データをどう活かすか?
   どのようにPDCAサイクルを回していくか
   →2~4か月目の(7)へ


2~4か月目 原価計算の仕組みの構築


(5)原価計算の元データを蓄積
   原価計算の仕組みの構築に先立ち、原価計算のための元データの蓄積をはじめておく
(7)原価計算システム構築
   原価計算の仕組みを構築し、まずは初回の原価計算レポートを出力


5か月目~ 原価について下記の取り組み


(9)原価についての取り組み
   ・毎月の原価計算レポートに基づく原価低減活動
   ・原価企画
   ・見積ルールの見直し etc



 

株式会社ハートビートシステムズ
愛知県名古屋市中区丸の内2-14-4 エグゼ丸の内6F
TEL:052-212-7721
Mail:info@heartbeat-systems.co.jp