そのExcel資料の作成、自動化します。ExcelVBAを活用した事務作業生産性アップのご案内
 
ExcelVBAとはExcel上で動くプログラムです。
               簡単な集計であれば「SUM」や「VLOOKUP」などの計算式を活用して自動化できますが、ある程度複雑なものになると、
               計算式だけでは自動化を実現できません。このような場合、Excelの操作手順を記録して自動実行する「マクロ」機能を使用しますが、
               さらに複雑な処理の場合、マクロでも自動化は難しくなります。しかし「ExcelVBA」を使うと、複雑な処理も自動化でき、
               これまで数日かかっていた作業が数秒で完了するなど、事務作業の生産性向上に驚くほど貢献します。
               ハートビートシステムズではこのような仕組みを安価に提供しています。
               また、自動処理を行うための「手順書」の整備にこだわりを持って提供しており、生産性の向上だけでなく、
               主担当者でなくても業務を遂行できるよう「業務の属人性の低減」にも貢献します。
               費用は個別のお見積りになりますが、これまでに手掛けた主な事例をご紹介します。
 

事例1:請求書の発行(警備業)

 
毎日の各人員の配置一覧表をもとに、派遣先会社、派遣先現場ごとに人数、延長時間、深夜勤務の有無などを集計し、 お客様ごとの派遣単価を考慮した上で請求金額を計算し、請求書を作成
 

事例2:給与計算(警備業)

 
毎日の各人員の配置一覧表をもとに、残業時間、深夜手当などを各人の日当をベースに集計し、給与明細を作成
 

事例3:指示書兼報告書作成(建設業向け派遣業)

 
毎日の各人員の配置一覧表をもとに、複写式の専用伝票に、派遣指示書兼報告書として派遣先、現場名、派遣メンバー一覧などを印字
 

事例4:役所提出用資料作成(土木工事業)

 
各現場の工種毎の工事規模(m、㎡など)を集計し、入札単価から金額を算出するとともに、工事完了報告時に役所に提出する資料一式を作成
 

事例5:タイムカードの集計(金属加工業)

 
タイムカードの印字データを一覧化し、日勤、夜勤を考慮した上で、残業時間、深夜勤務時間、休日勤務時間を集計し、 給与計算ソフトにインポートできる形式にてデータをファイル出力。これまで残業時間、深夜勤務時間、休日勤務時間を手集計していたものを自動化
 

事例6:工場生産性の分析(金属加工業)

 
①生産管理システムから加工数量実績データを出力し、工場毎、個人毎、製品毎、工程別に集計
②加工数量実績データから、販売単価、材料仕入単価、外注単価、標準加工時間をもとに、創出付加価値を金額として算出
③付加価値データと、例6の勤務時間データから、1時間あたりの付加価値を工場別、担当者別などを見える化
 

事例7:在庫金額の集計(電子部品販売業)

 
数量のみを管理している在庫管理ソフトから棚卸実績データを出力し、品目毎の最終仕入原価をもとに在庫金額を集計
 

事例8:電話発信先リストのクリーニング
       (情報通信業)

 
コールセンターのアポインターが電話をかける予定の電話発信先リストから、発信禁止のリストをもとに、発信禁止先を削除。 以前からマクロ機能で自動化はされていたものの、この処理に2時間かかっていた。これを弊社でVBAにて再作成し、20秒にて完了させるよう改良
 
ExcelVBAはこれらのように、様々な事務作業を自動化させ
人的生産性を飛躍的に向上させる可能性を秘めています。
ぜひハートビートシステムズまでお問合せください
 

株式会社ハートビートシステムズ
愛知県名古屋市中区丸の内2-14-4 エグゼ丸の内6F
TEL:052-212-7721
Mail:info@heartbeat-systems.co.jp