生産性向上に不可欠なアシスタント。SFA・CRMのクラウドビート
ハートビートシステムズの提供する営業管理・支援システム(SFA・CRM)
「クラウドビート」は貴社の事業特性・営業形態に応じて、
  SFA・CRMにどのような情報を蓄積し、
     その情報をどのように活かして、営業生産性を向上させていくべきか
を経営コンサルタントの視点からご提案し、
それにぴったりと合わせた形でシステムをカスタマイズして提供しています。
言わば「専門家が設計する、カスタムメイドのクラウドサービス」です。
また、貴社にジャストフィットのカスタマイズをしながらも、
カスタマイズ料は基本的に無料です。
また「クラウドビート」は様々な事業特性・営業形態に合わせることができます。
(詳細は活用事例集をご覧ください)
さらには、しっかり活用できるよう、
運用面まで含めた貴社用の活用マニュアルを整備・提供し、
様々なフォローアップメニューも用意しております。
きっと貴社にもジャストフィットのソリューションが提供できると思います。
貴社向けにカスタマイズ設定したものを無料にてお試しができます
ので、ぜひお問合せください。

営業週報・営業日報システムとしてのクラウドビート

SFA・CRMの「クラウドビート」は、日々の商談内容、案件の進捗情報などを入力しておくことで、 PDCAサイクルに即した営業報告書(営業週報・営業日報)をはじめとする、 営業生産性を高めるための各種帳票の作成や情報の参照、各種分析を容易に行うことができます。
営業日報を基としたSFA・CRMの活用イメージ
各営業担当には毎日、以下の情報を主に入力していただきます。
言わば、よくある営業日報の内容と同じです。
・本日の訪問先・商談内容
・保有案件の変化

これとは別に、定期的に営業報告書を作成していただく機能があります。
営業報告書には、当該期間(週報であれば1週間)の営業活動実績が、毎日の入力内容をもとに自動で記載されるほか、
当該期間の総括として主な「評価」「反省」「今後の計画」のポイント(PDCAサイクルの「C」「A」「P」) を記入していただきます。
営業報告書の内容のイメージ(週報の場合)
営業日報内でPDCAサイクルを回して業績向上
営業報告書の作成サイクルについて、ほとんどのユーザ様は「週報」として週1回とされていますが、 営業報告書を毎日作成していただき、「日報」として活用いただくこともできます。
また、「キャリアの浅いAさんは日報」、「中堅のBさんは週報」など、報告書の提出サイクルを営業担当者毎に設定することもできます。
 
SFA・CRM導入成功の必須条件は
「システムが自社の営業形態に合っていること」
まずは30日間無料お試しをご利用ください!

株式会社ハートビートシステムズ
愛知県名古屋市中区丸の内2-14-4 エグゼ丸の内6F
TEL:052-212-7721
Mail:info@heartbeat-systems.co.jp