戦線#30 What’s Newのチェック

今回の話は、自分自身の失敗談だ。

ある日、これまで取引のなかった会社からお問合せをいただき、訪問してPRさせていただくこととなった。

もちろん、事前にその会社のホームページについていろいろチェックした。

どのような提案をするか。

その会社の業種、取扱い商品、社員数、組織形態、拠点配置などをチェックし、

提案内容をあれこれ考える。

どんな事例を紹介するか。どこにPRの力点を置くのか。etc

それに合わせて持参物を考える。

ネット上の地図で会社の場所も確認し、時間に余裕を持って向かう。

さて、いざ行ってみたところ、それらしき会社がない。

建設中のビルがあり、工事の案内板を見ると「○○ビル建設工事」(○○は先方の会社名)とある。

・・・え!?

あわててスマートフォンで先方の会社のサイトを開き「What’s New」を見ると、

「本社ビル建て替えのため、一時的に本社を移転」

と書いてある。

そのエリアは自分のあまり詳しくないところなので、住所を見ても具体的な場所はイメージできないが、

タクシーに乗れば遅刻しないくらいの距離の場所であることはわかった。

すぐさまタクシーを捕まえ、運転手さんに移転先の住所を見せ、何とか約束の5分前に到着することができた。

反省点としては、もちろんホームページの「What’s New」を見ていなかったことだ。

結果的には時間に余裕を持たせて行動していたことが功を奏してノーダメージだったが、

もしかしたら「What’s New」にはもっと商談前の雑談を膨らます材料があったかもしれない。

それに、本社移転以外にも重要な情報が記載されていたかもしれない。

自分は先方のホームページから、提案に必要な情報のみを得ようとしていたが、やはり新着情報くらいはしっかりとチェックしておくべきだった。

提案させていただくのならば、ホームページで公開されている情報くらいは勉強しておくのがスジであろうし。